平成26年度

第4回

郷土芸能定期公演会/むつ商工会議所

下北の大地に舞う


 平成26年度第4回定期公演会を下記のとおり開催いたします。お誘い合わせのうえ、ぜひともご来場ください。

●7月11日(金) 19:00〜20:0

入場無料

●むつ来さまい館/イベントホールA *事前予約の必要はありません。
  直接会場へお越しください。

出  演

■横迎町豪川組(むつ市)
    
 むつ市横迎町出身の若者を中心に組織され、「豪川組」の前身にあたる「若者組」の規約が制定されてから、今年で150年を迎える歴史と伝統を有する団体である。町内・地域の発展に奉仕するとともに、町内鎮守である「横迎町稲荷神社」の祭礼の執行や「熊野権現舞」など伝統芸能の継承に貢献しています。

横迎町豪川組

横迎町豪川組

演  目

■祭囃子
  旧田名部の五町でそれぞれ所有する「山車(やま)」は、関西地方に広く分布する曳山祭りの山車の流れをくみ、8月の田名部祭りの期間中各町内を運行します。その際に奏でられる囃子は、昼は明澄流麗な音曲が流れる「通り」、夜は一転して、鐘や太鼓が激しく打ち鳴らされる躍動感溢れる「ヤマヤレ」との、静と動の二面性をもちます。

■熊野権現舞
 岩手県中・北部から青森県県南・下北地方に広く伝承されている山伏神楽を「能舞」と呼び、中世に源を発し現在に至る。能舞には多くの演目があるが、獅子頭を持って舞う権現舞はその中のひとつで、現在では権現舞のみが伝承されている地域が多く、豪川組では若い組員を中心にこの権現舞の継承に努め、稽古に励んでいます。

豪川組/稲荷山
豪川組/稲荷山

●下北そばの販売コーナーもあります。(1杯100円)


[主催]むつ商工会議所(振興課)/TEL 0175-22-2282

[協賛]むつ市旅館組合