■むつ商工会議所が作成した「むつ市グルメガイドマップ」のHP版です。

*マップには、安心して楽しめる当所会員のお店を掲載しております。ぜひともご活用ください!

 
むつ市グルメガイドマップ表紙
むつ商工会議所HPトップへ

ジャンル・地域別
お食事処
寿司・和食・そば
レストラン・食堂
焼肉・ステーキ・鉄板焼
ラーメン・中華
洋食・喫茶
酒処
居酒屋
パブ・スナック

●上のバナーをクリックすれば、ジャンル別にお店が表示されます。

●マップで各お店の所在地が確認できます。


むつ市グルメガイドマップ縮小版

縮小版

*実物はA2判(2面・8面折)、フルカラー印刷です。
*市内のコンビニやホテル、観光関連施設などで配布中です。

ムチュラン・ムチュリー/むつ市は「むつ市のうまいは日本一!」をキャッチコピーに、地産地消の推進事業を積極的に展開しています。「美食星人ムッシュ・ムシュラン1世」は、この事業で誕生したマスコットキャラクターです。2010年夏、ムチュリーとめでたく結婚。

みそ貝焼き説明/下北半島の「みそ貝焼き」は、江戸時代に陸奥湾の漁師がホタテ貝を鍋代わりとして、出汁に魚の切り身などを入れ、自家製の味噌を溶き、稗飯、粟飯と一緒に食べていた素朴なものであったと伝えられいます。後に鶏の玉子が手に入りやすくなったことで、いつしか今のような玉子を溶いて食べる「みそ貝焼き」が主流となりました。地元では方言で「みそかやき」という呼び名で親しまれ、むつ市内の取扱店で、いろいろな種類の「みそ貝焼き」を味わうことができます。

海軍コロッケ説明/ 海軍コロッケは、旧海軍が食事に取り入れていたコロッケのことで、むつ市大湊の海軍部隊から生まれたのでは?と言われています。地域おこしのために、このレシピを活用してブランド化したのが「大湊海軍コロッケ」です。特徴は、揚げ油にヘット(牛脂)を配合し、具材に下北産の食材を使用していることなどで、提供するお店によって味が異なります。むつ・下北の認定店、約30店舗(スーパー・惣菜店等含む)で、約50種類の海軍コロッケが楽しめます。

下北半島の旬の味


むつ商工会議所HPトップへ