ミニ知識

 
〜日本で最初の”ひらがな”の市〜
むつ市の誕生


 むつ市は、昭和34年9月1日、旧南部藩・斗南藩ゆかりの町「田名部町」と旧海軍の町「大湊町」 が合併して県内8番目の市「大湊田名部市」としてスタートした。
  両町は明治22年、市町村制施行により近隣村を合併し村として始まり (田名部村に奥内村・中野沢村が合併、大湊村には大平村・城ヶ沢村が合併)、明治32年に田名部、昭和3年に大湊が町となった。
 昭和初年の時点で青森県には青森市・弘前市・八戸市の3市があったが、昭和28年に「町村合併促進法」が施行され、全国的に市町村再編成の気運が高まり、県内でも昭和29年に黒石市、五所川原市、翌年に三本木市(現:十和田市)、昭和33年には三沢市と次々に誕生した。
 このような流れの中で、昭和29年7月青森県は大湊町・田名部町合併計画第1次案の説明会を大湊ホテルで開催し、両町の合併案が具現化していった。町民感情や気風が違う両町が合併するには容易ではなかったが、説明会から5年後、昭和34年9月1日ついに合併、「大湊田名部市」となった。
 翌、昭和35年8月1日、日本で最初のひらがなの市名「むつ市」と改称した。
 平成7年市町村合併特例法の改正による「平成の大合併」の号令の下、平成15年にむつ市、川内町、大畑町、大間町、 横浜町、風間浦村、佐井村、脇野沢村の8市町村で「むつ下北地域合併協議会」が設立されたが、16年に大間町が離脱。7市町村での協議会設置について各議会に提案したが、横浜町、風間浦村、佐井村議会が否決し、協議会不参加が決定、協議会は廃止した。その後、むつ市、川内町、大畑町、脇野沢村による合併協議会を設立し、協議を重ね、平成17年3月14日、むつ市、川内町、大畑町、脇野沢村が合併し、新「むつ市」が誕生しました。(面積は県内市町村最大の863.72u)

昭和35年8月1日「むつ市」へ改称。当時の市庁舎は現、商工会議所の場所にあった。

参考 −むつ市史−

 
市名の由来
 市名「むつ」の由来は、東北地方北部の総称を古来から「陸奥国」(むつのくに)と呼ばれていた ことや、位置的に陸奥湾を抱く下北半島の中心でもあり、「陸奥」(むつ)があて字であったため 、ひらがなとした。

 

 <むつ市の今と昔>資料提供:むつ市広報広聴課

田名部本町通り

 

大湊駅前通り

 

むつ市観光案内トップへ